Return to site

ぱんだ組 梅ジュース作り

ぱんだ組だけのはじめてのクッキングです。

まずは、準備です。

バンダナとエプロンがとっても似合っています。

梅を持ったら「くんか、くんか」匂いをかいでいます。

「いいにおいする」と言ったり「あかちゃんかな、ぶどうのにおいかな、まめだよ」とおしゃべりしています。

梅をごしごし洗います。「あかちゃん、きもちいっていってる」「あかちゃん、きれいになったかな」と言っています。

梅を洗った後は、梅をクッキングペーパーで拭きます。

クッキングペーパーを見ると「これ、といれっとぱー?」と言う子どもたち。

トイレットペーパーと見比べてみると「おっきいね」「おっきいほうつかうの?」と子ども達なりに観察したようす。

「こんなにいっぱいあるね」

「いらっしゃいませー」と、梅屋さんです。

梅ジュース作り、1番の山場「おへそほじほじ」です。

大人と一緒にやってみるとだんだんコツをつかんだようで

「なかるまさん、できた」と言って見せてくれました。

ほじほじした、おへそが沢山転がっていますね。

今度は、瓶に梅とお砂糖を入れます。

「どれくいらい、おもいのかな」と言って持ってみると・・・

「もてるよ」「おもくないよ」と、ぱんださん力持ちです

 

作り終わると「またぱんださんやる?」「たのしかったね」「ほじほじできたね」とおしゃべりしていました。

くじらさんが梅ジュースを見て「いつのめるの?」「このおさとうであまくしてるの?」とくじらさんも楽しみにしているようです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly