サイトへ戻る

夏祭り・夕涼み会

22日夏祭りと29日おおくじら夕涼み会の様子です!

22日に夏祭り(縁日)を行いました。それぞれ甚平や浴衣に着替えてお店を回ります。特に女の子達は「かわいいね」「みてみて!」と普段着れない甚平や浴衣にわくわくな様子です。

だるまおとし・人形すくい・けん玉づくり・ワニワニパニックなど、クラスごとにお店を回って楽しみました。

 

 

わにわにパニックはおおくじら(5歳児)のみんながお手伝いしてくれました。急に出てくるワニにみんなも「きゃー」と大興奮です!

終わった後はお待ちかねのかき氷の時間。できあがるのを今か今かと待っています。

冷たいかき氷、おいしいね!

給食のメニューも夏祭り仕様です。いつもと違う給食に「すごーい!」「おべんとうみたい!」「とうもろこしだ!」と子どもたちも目を輝かせていました。

短い時間でしたが、たくさん夏を感じて楽しむことができました。

 

 

29日にはおおくじら組(5歳児)の夕涼み会を行いました。午前中はカレー作りに必要な材料の買い出しにいきました。連日暑い日が続き、なかなか外に出かけることが出来なかったみんなにとって、少しの距離のスーパーでも「おつかいうれしい!」と目を輝かせていました。おうちでも料理のお手伝いをしている子が「カレーに必要なものわかるよ!」とおつかいリーダーとして率先してかごに入れてくれました。頼もしいです!

そして午後。カレー作り開始!米研ぎチーム、野菜のかわむきチーム、野菜を包丁で切るチームに分かれてそれぞれローテーションしながら始めます。調理に必要なピーラー、包丁、まな板、ザルにボウルに炊飯器。「おうちで見たことあるけど、使ったことない!」と目をまあるくしていましたが、今日は大人と一緒にやるから大丈夫だよ、と伝えると「やってみる!」と全員が真剣な眼差しで取り組んでいました。

おなべで煮込んでいる間、第一弾のおたのしみである肝試し。全員浴衣や甚平に着替えて2人ずつペアになって始めます。このペアも決めるときにドキドキ怖くなっちゃう子のことを怖くない子が守ってあげる作戦で決めました。さて、無事に帰れるのでしょうか…

その後はすずしくなるおばけ話。ひとつのろうそくを囲んでじっと真剣に話をきくみんな。

カレーが出来上がり、みんなでいただきます!おやさいが苦手な子も今日は自分たちで買って、作ったカレーだからこそ、「今日のおやさいは食べれる!」とぱくっとぜんぶ完食!おかわりも全員しました。

 

最後は第二弾のおたのしみ、花火大会。みんなが帰った後の特別な時間。外も暗くなり、わくわくした目で花火師たちの話を聞きます。

無事に大成功!特別な1日になりました!

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。